会報 106号 (2005年3月20日)  ←クリックして下さい。
新会長 就任のご挨拶
前会長 退任のご挨拶


会報 105号 (2005年1月5日) ←クリックして下さい。
新年祝賀会  謹んで新年のお慶びを申し上げます。


会報 104号 (2004年11月15日) ←クリックして下さい。
創立50周年記念式典にご来伯の方々からのお礼状が届きました。


会報 94号 (2003年1月5日) 

2003年度定期総会、新年祝賀会、事業計画、予算


ブラジル福井県文化協会 会報 94号 2003年1月5日

 会員の皆様へ

  新年おめでとうございます。
 皆様の益々のご健康とご発展を心から、お祈り申し上げます。

 いよいよルーラ新大統領の舵取るブラジル丸が船出しました。5000億ドルを超える
 債務を満載しての航海は正に荒波、台風に遭遇しそうです。全国民の救国の精神が
 結集され沈没をまぬがれ無事航海をと、祈るところです。
 
  今年は福井県人ブラジル移住90周年の意義ある年でもあり先駆者の偉業を称え
  記念の行事を行うべきと思います。更に2004年は県人会創立50周年を迎えます、
 県庁からの提案もあり県人の実態調査を実施する計画です、広大な地域に散在する
 県人を探し出す事は容易ではありません、(電話、住所の変更あり)役員、会員各位
  のご理解とご協力をお願い申し上げ新年のご挨拶と致します。

定期総会並びに新年会のお知らせ

 日時=2003年1月19日 10時第一次招集=第二次招集10時30分
 議題=議長、議事録署名員の選出、事業並びに決算書の審議と承認。事業計画と
  予算書の審議と承認。役員改選、その他。
 
 総会終了後新年祝賀会、準備の都合もありますので、15日迄に県人会事務局まで
 出席の如何をお知らせ下さい。会員の皆様多数ご出席下さい。

 会計監査と役員会のお知らせ
 1月11日12時より会計監査、14時より役員会を行います、それぞれ時間励行でご
 出席下さい。

 ホームページ開設のお知らせ
 
作成中でしたホームページができました、コンピュータをお持ちの方はご覧下さい、
 www.nikkeybrasil.com.br/fukuikenjinkai

   栗田知事来春で引退されます
 
実に20数年間県政発展にご尽力、私達ブラジル県人にも温かいご支援賜りました、
 心から感謝と敬意を表します。

 2002年度研修員より楽しく有益な研修生活をしていると感謝の便りが届きました。
 2003年度研修員の決定が遅れております、そのうち決定すると思います。

 
会費納入者 
 
(敬称略)松島こう、田中マルコス、金兼文典、川崎省三、田中顕二、鍬田森谷亮子、
    中谷美波、松阪勘衛門、松阪義昭、樋口五郎、山下治、山下ルイス広治、伊達優

 寄付
 (敬称略)菅野よしお、信枝(100)吉森和子(50)中野三四子(50)宮本直(100)
  中田豊子(50)橋本茂一、裕子(100)
                       皆様のご協力に感謝致し心より御礼申し上げます。

 ★事務局への通信または会費のご送金
   ASS FUKUI KENJINKAI
       Rua dos Estudantes, 15-8ºAnd Salas 82, 
       CEP 01505-001 - Liberdade - Sao Paulo -  SP
       SUDAMERIS銀行/GALVAO BUENO支店(旧南銀)
       Conta SUDAMERIS :302.01674.3000.9

 


「福井県人ブラジル移住と県人会活動」  

会長 山下 治 2002年11月

  建本健介氏等9家族33名が雲海丸でサントス港に上陸したのが1913年5月7日であった。以来戦前戦後を通じて417家族1673名が移住したと県人発展史(1979年発

刊)に記されている。現在ではその多くの方々は他界され、約350名が生存とされている。

  建本氏は福井県人ブラジル移住の先駆者で有り、在伯福井県人会創立のため東奔西走された最大の功労者である。1954年8月創立された在伯県人会の初代会長として

労苦もいとわずご活躍された。二代目宮本由太郎氏等歴代会長のご尽力でその存在感を高めながら2004年には創立50周年を迎える。

  この間戦災、震災に打ちのめされた母県への復興支援活動に、二三男対策の一助にとブラジル福井村建設を献策母県、JICAの理解と支援のもとそれを実現させる。

次代の担い手育成をと母県の温かい理解と支援を得て今日まで167名もの留学生、研修生を送り出したりと、県人会員の親睦と母県との交流促進と共に存在価値を高めてい

る。時代は一世から二、三世の時代へと世代交代の時を迎えており、一世移民にとり創立50周年は最後の祭典となるでしょう。

 本会の年間事業
  1. 留学生、研修生の送出
  2. ホームスティ少年子女の訪日
  3. 母の日、敬老会の開催
  4. 親睦慰安旅行
  5. 古里祭りへの参加
  6. 県人会連合会の諸行事参加
  7. 先亡者慰霊法要

1999年度定期総会。会員の出席率は他府県人会とは比較にならないほど高率だ


1996年9月 敬老会 故松永、田中老も出席


2000年4月 クリチーバ市観光旅行

谷口クリチーバ市長を表敬訪門した
観光旅行のグループ

クリチーバ市内観光記念撮影


2002年7月13日に開催された、コロニアピニャール入植40周年記念祭。

空港に出迎えた県人一同

サンパウロ県人会での歓迎会の
サンバショー

福井県知事栗田幸雄様とサンパウロ赤阪総領事を迎え福井村入植40周年記念式典

福井村40周年記念ショーに婦人会出演
ヨサコイ イッチョライブシを踊る

七夕祭りの東洋街にて

大西義幸さん

福井県人会館がある通り


県連主催の第五回郷土食・郷土芸能フェスティバルが、
2002年7月 26日午後2時から聖州議会駐車場で開幕された。

ブラジル福井県文化協会の参加写真

福井県の郷土食売店

福井県の物品展示


敬老会開催 (2002年9月15日)

米寿祝いでケーキを切る富山、山本氏他

敬老会参加者


福井市シルバーバレー団一行
福井村訪問 2002年9月24日


2002年度県人会親睦慰安旅行
カルダス・ノーヴァス温泉行