ピニャール移住地

(福井村)

40周年記念誌

2002年6月15日

発行

刊行のごあいさつ

 山下 治

  
コロニア・ピニャール入植

40周年記念祭祭典委員長

2002年7月

  
   
ピニャール移住地が入植40周年を迎えるにあたり、今日までの歩みを纏め後世に伝えるべく「移住地40年の歩み」として小史を刊行することになりました。
  
ピニャール移住地はブラジル福井県人会が、日本人移住50周年の記念事業として母県に献策したことが発端となり、実現した経験から福井村とも呼ばれており、1962年12月、福

井県から3家族が第一陣て入植して始まりました。当時、祖国は戦後経済の復興の兆しがあり、移住者も減少して北陸三県にそして現地での募集を経て一応満植となりました。
  
以来四十年、移住事業団、福井県、南伯農協と関係機関のご支援のもと、日系移住地として堅実なる発展を遂げてまいりましたが、世代の移りかわりの時期となり第一陣として

入植された方も織田真由美さんのみとなり、この機会を逃してはとの強い責務から少ない資料や証言、写真等を纏めると同時にご支援を賜りました関係者にご寄稿を頂き日伯両

語での刊行と致しました。戦後移住者が大勢であった当時からみますと今日では一家の中心は二世の時代に移り入植者の移動も繰り返されましたが、確実に優秀な後継者も

育っており彼等がこの小史をひもとき、先人の意志を受け継ぎ新しい時代の農業農村の発展に意欲的に取り組む良き刺激になることを期待するものでありす。
  
  最後にご祝辞ご寄稿を頂きました関係機関の皆様、編集にご協力下さいました方々に心から感謝の意を表し刊行の挨拶と致します。
                                         
                                                       2002年7月吉日

入植40周年を祝う

福井県知事

栗田 幸雄

2002年7月

  
  コロニア・ピニャール(福井村)が開村40周年を迎えられましたことを心からお祝い申し上げます。私は、24年前、初めて訪伯団長として訪問させていただいた際、大歓迎を

受けたことを思い起こし感動を新たにしております。コロニア・ピニャールは、福井村建設構想を建議した在伯福井県人会ならびに関係各位のご熱意とご支援により、現在の国際

協力事業団の直営入植地として出発されました。以来、福井県人と他県から入植された方々が新天地に力を集結し、ブドウ、びわ をはじめとする果樹栽培の普及定着に精励

され、サンパウロを市場とする都市近郊型農業を確立されましたことは、誠にご同慶にたえません。また県としてもコロニア・ピニャールの皆様の活動拠点となる文化センターや

日本語モデル学校などの整備に協力させていただき、皆様の福利厚生と児童の教育水準の向上に貢献できましたことをうれしく思います。

  さて、40年の歳月は、孔子の言葉「四十而不惑」を思い起こさせますが、昨今、移住世代の交代や現地への同化といった日系社会を取り巻く状況の変化が指摘されておりま

す。この記念すべき入植40周年を機に、来し方を振り返り、次世代に惑うことなき発展への道しるべを記念誌の刊行などで示すことは大変意義深いことであります。現代は交通

網や情報通信技術等の飛躍的な発達で、人物、情報等が容易に国境を越えて行き交う時代です。福井県とブラジルの新たな交流、協力関係、発展に向け、コロニア・ピニャー

ルと本県の次世代を担う青壮年が連携を強めていくことを切に念願する次第であります。

  終わりに、日伯移住関係者の皆様の今後のますますのご健勝とご多幸、ご活躍を心から祈念申し上げ、お祝いのことばといたします。

                   2002年7月吉日

第1章 ピニャール移住地 (福井村) の生い立ち

  戦後、移住の再開により移住振興会社(現国際協力事業団)ではブラジルの各地に移
 住地を造成した。
 
  ピニャール移住地もその中の一つであるが、その発端となったのが、在伯福井県人
 会会長宮本由太郎氏が日本移民50周年の記念事業としてブラジル福井村を建設した
 いと県に献策、県が賛同したのが始まりである。

  土地購入等諸般の事情により、JICA直轄のピニャール移住地として、時の南伯農協
 中央会が造成と営農指導を担当して村造りが始まった。

  1962年12月3家族14名がその第一陣、草分けとして入植、開拓営農に入る。

  時を同じくして祖国の復興が軌道に乗り後継移住者が減少したため、福井村では北
 陸3県に呼びかけるもなお、満植は至難とみて既移住者を含む全国公募としてどうに
   か満植となる。

  その後、南伯農協中央会の企画による第2ピニャールが隣接地に造成され、第1第2
  合わせて村造りが推進される。

  福井県では県人入植者に土地代金の一部を補助したり、電気導入に会館建設、日本
  語教師宅の建設にと大きな援助を続ける一方、歴代知事が慰問激励に来訪する等、
  物心両面で絶大なる支援を行った。この力強い協力姿勢は終始一貫変わらず、今も事
  あるごとに温かい支援と交流を継続して移住地の将来を慈愛を込めて見守ってくれて
  おり、移住者一人ひとりに強い感銘を与えている。

   ピニャール移住地の今日あるは、こうした福井県を中心としたJAICA、南伯農協中央
   会の存在なくして成し得なかったと言える。

第2章 移住地の沿革

1962年12月

福井県より大川茂、織田幸夫、出日清市の3家族14名が第一陣として入植。

1963年5月

自治会発足、会長に大川茂氏就任。

11月

鶴賀総領事移住地視察のため来訪。

1964年4月

南伯農協ピラル・ド・スール出張所支所、開設同時に出荷組合を組織する。組合長に金兼文男氏就任。

4月

ブラジル小学校開校。山添ルミ教師赴任。

5月

福井県知事北栄造氏移住地視察と激励のため来訪、手土産に
ジープ一台寄贈下さる、会長山下治氏。

10月

コロニア・ピニャール日本語学校開校。

1970年3月

南伯サンミゲール・アルカンジョ農協創立。組合長に山下治氏就任。

1971年7月

JICAより50%助成により電化工事完成。大川茂氏委員長の就任

1972年7月

入植10周年記念式典開催。坂尻憲治氏式典委員長に。

1976年6月 

自治会解散、文化体育協会として発足、登録団体となる。
初代会長に山口武男氏就任。

1978年6月

福井県より粟田副知事が移民70周年記念式典に参列。移住地視察
激励のため来訪。

1979年3月

公立ブラジル小学校落成式(JICA100%助成)JICAサンパウロ事務所長
永田良三氏列席。会長大川茂氏。

1980年4月

文化センター建設工事着工、福井県より3,000万円助成される。
建設委員長は大川茂氏。会長は山下治氏。

1980年11月 

文化センター上棟式並びに入植18周年記念式典開催。
福井県中川平太夫知事夫妻列席。式典委員長は山下治会長兼任。

1982年6月

文化センター落成式 並びに入植20周年記念式典開催。
坪川真純福井県議会議長列席、委員長山田典夫氏。

1983年4月

JICAより移住地独立の認可と公共用地並びに建設物譲渡される。
襖田所長列席、会長山下治氏。

1991年6月

文化センター整備改修工事着工、福井県より1600万円助成を受ける。

1992年4月

大川茂当文協初代会長が日本政府より叙勲の栄に浴し勲六等瑞宝章
を受ける。

7月

入植30周年記念式典並びに文化センター改修工事落成式が栗田幸雄福井県知事夫妻並びに石垣総領事夫妻他多数来賓の参列を得て盛大に開催された。式典委員長は山下治氏。

1995年6月

日伯修好100周年事業として婦人研修員を福井県三方町に派遣。

1995年10月

日伯修好100周年記念として桜、イッペー500本を州道入り口より村
の中央に通じる道路脇に植樹する。

1996年6月

日本語モデル校としてJICAより助成決定。建設工事着工、会長に西川
修治氏、建設委員長には山下治氏がそれぞれ就任。

1997年2月

コロニア・ピニャール日本語モデル校落成式並びに開校式開催。林典伸JICA所長、福井県日伯友好協会より柳沢義孝氏列席、盛大に祝う。
会長は広瀬義夫氏。

1998年6月

日本移民90周年記念式典参列の栗田福井県知事一行、日本語モデル校並びに福井県助成の教師住宅視察のため来訪、盛大に歓迎する。会長は山下治氏。

2000年7月

福井県議会議員 大戸好夫、前田康博、高島寛正、事務局長 
宮本清司、県民生部次長 中西謙二、国際課 吉田典生の各氏
他多数が移住地視察のため来訪、盛大に歓迎する。
会長は貴田孝平氏。

2000年9月

コチア青年移住45周年記念式典に参列の福井県農協中央会常務理事 山本達雄、同じく矢尾達治の両市が来訪、盛大に歓迎する。会長は
貴田孝平氏。

2002年5月

現在家族数52戸、日系人口304名。
   
 

《移住地の面積》
第1ピニャール 762 ha
第2ピニャール 180 ha
計                        942 h


第3章 文化体育協会の発足

  ピニャール移住地の推進母体である文化体育協会は入植と同時に自治会が結成さ
 れたのがその始まりである。

  1976年6月、文化体育協会と改称、登録団体となり現在に至る、文化体育協会では
 聖南西文化体育連盟に加入し、その行事に参加して活動する。特に体育部門、日本語
 教育研究会には積極的に参加し、子弟の育成に努力している。

  1997年にはJICAの支援を得て地域の日本語モデル校を開校。日本語教育を通して
 人材の育成にに役立てている。

  当協会では移住地内の道路改修の取り組み、1992年には州道より村の中央に至る
 6kmの舗装工事を実現、近い将来の村内全域の舗装工事実現を目指し、市州政府と
 交渉している。

   1963年初期、入植の20数家族で創立された当協会は、現在では移住地の隣接日
 系人も会員となり60家族が会員として活動している。

  《歴代会長》

  初代会長 大川茂(故)

  山下治、山田典夫(故)、織田幸夫(故)、武藤利太郎(故)、山口武男(故)

  坂尻憲治(故)、広瀬義夫、田中得郎、小林勇(故)、西川修治、貴田孝平、

  現在に至る。


 第4章 組合活動と特産物

  1963年、南伯農業協同組合中央会は入植者全員を組合員として加入させ、開拓と
 営農指導に当たる。その当初はピラルドスール出張所の支所として、数年後サンミゲー

 ル・アルカンジョ出張所として活動、出荷組合を組織させて生産物搬送に当たる(組合
 長故金兼文男氏)。

  1970年、新農協法に基づきサンミゲール・アルカンジョ南伯農業協同組合を創立。
 中央会指導のもと営農の振興、組合施設の建設、移住地に初の電話を架設等村造り
 
 その一翼を担う。移住地の特産物となったブドウ栽培では平松薫技師(故人)の情熱と
 それに続く羽場久夫技師、川上一夫技師の献身的且つ適切な指導が実って、広くヨー
 
 ロッパ市場にも輸出される高品質のブドウが生産されるようになった。故平松技師には
 栽培技術だけでなく営農指導は勿論のこと、家庭の問題から子供の教育まで生活全般

 に亘って宜しく薫陶をうけたことを忘れてはならない。平松技師が高齢のため第一線を
 退いた1985年2月のその日まで移住地の人々は何から何までお世話になったと言えよ

 う。平松氏こそ移住地の恩人であった。そしてその後を受け継いだ羽場、川上両技師の
 尽力は特筆に値するものであり、その功績は永く後世に伝えられよう。

  南伯農協中央会は1993年、残念ながら解散とはなったが、拓殖部長唐沢正義、理事
 長の中沢源一郎、同じく富森繁雄の3氏らの移住地にかける情熱、適切なる指導と支援

 なくして今日の農協は存在しないと言える。現在の移住地内組合員52家族の主産物は
 ブドウである。他に柿、ビワ、ポンカン、アテモヤ等も栽培されており、その生産量は年
 間約100万箱6000トンにのぼる。

  当時37農協が各地に活動していた南伯農協グループも、今では7農協が存在するの
 みと如何に中央会の力の大きかったかが伺われると同時に、その7農協の中に当農協

 があり、しかも二世諸君がリーダーとなって運営されていることは実に頼もしいことで
  ある。

    現在組合数 90家族

    歴代組合長

    初代 山下 治      1970〜1979

    二代 塩尻 憲治   1980〜1986

    三代 山下 治      1987〜1996

    四代 市瀬 成生   1997〜2002


第5章 日本語モデル校の開校

  日本語モデル校では学校運営の方針として「公教育の理念に立ち、日本語教育を通
 じて人間性豊かな国際性に富み、21世紀に生きるたくましい立派なブラジル人の育成

 を目指す」を揚げ、教師と会員一丸となって努力している。ピニャール移住地における
 日本語教育の歴史は、その入植初期に始まり父兄の経済力と共に充実発展してきた。

  1991年JICA青年ボランティア真家一教師の赴任で、充実した授業も行われ生徒数
 も60名を越え、現地教師1名を雇用して2人体勢となる。1997年2月念願の新校舎が

 JICAの支援を受けて日本語モデル校として完成、開校された。教師も青年ボランティア
 1名、日伯交流協会1名、現地1名と加えてシニア・ボランティア藤谷芳孝氏の赴任で

 モデル校としての充実したスッタフとなり、教具教材も整備され、特にコンピューターを
 取り入れた授業は、聖南西地域の日本語教育に革命的刺激を与えた。

  その後二代、三代、四代と続いた青年ボランティア教師の若さと情熱、それに刺激され
 ての二世教師の発奮もあり、地域の日本語モデル校としての使命を果たしている。

   次の聖南西教育研究会主催のお話発表会での最優秀賞3作品を紹介したい。

    宗   政伸....日本語学校とブラジル学校 

    藤沢 和典.....日本の新幹線

    川上 麻衣子...もし、日本へ行けたら

          2002年度  学校運営委員長  広瀬義夫氏

          教師  原 たずこ、福田 裕美、越智 美津香さんの3名

          生徒 30名  

ブラジル語小中学校

  1964年、山添ルミ教師の赴任で開校された当時は、4年生までで5年生以上は町の
 学校に通学した。現在のようにスクールバスもなく、5キロメートルもある道を歩き、バス
 を利用しての通学であった。 

   1979年、JICAの補助金により校舎が建設され、1982年より8年生までの授業が行
  われるようになる。

  学校名も移住地造成に多大な功績のあった南伯農協中央会拓殖部長・唐沢正徳氏の
 名を頂き、州立マサノリカラサワ校として発展する。

  現在、校長はマリア・ルイザ・ロドリゲスさん、教師18名、職員2名、生徒数658名、
 幼稚園生50名である。

  2002年1月18日より幼稚園と小学校が市立となり5年〜8年生は州立校となった。